sign.jpg
yellowbird.jpg

A)撮影許可申請に必要な書類

  1. 情報省への撮影許可申請書

  2. 日程表(フライト、宿泊ホテル、撮影予定地)

  3. クルーリスト(名前、職業、住所、電話)

  4. パスポートコピー(6ヶ月以上の残存期間が必要)

  5. 企画書(目的、内容、放映予定日)

  6. 機材リスト(メーカー、シリアルナンバー、価格)

  7. 写真(パスポートサイズ、カラー)

B)手順

  1. 情報省にA)①~⑦を提出(許可発行迄1~2日)

  2. イミグレーションにもスペシャルパス(短期労働許可)を申請(発行まで1~2週間)

  3. 許可を日本に送りビジネスビザを申請

  4. 機材通関手続きはナイロビ到着1~2週間前に開始

  5. ナイロビ空港到着時は通関業者が空港内で待機

    *許可申請及び機材通関手続きはケニア政府の認可を受けたローカルプロダクション(エージェント)を通して申請

    *許可発行後の日程変更及び機材変更は一からやり直しとなりエキストラ費用が発生


C) その他、許可に関して

  1. 国立公園の許可はナイロビの国立公園管理本部で申請

  2. 国立保護区の許可は保護区内の管理事務所で申請

  3. アンボセリ国立公園では撮影許可+入園料x10%を保護・管理費としてチャージされる

  4. レンジャーを頼むことも可能

  5. 市街地、公共の建物、人など事前の許可が必要

  6. ドローンの持ち込みは禁止されており、ナイロビでレンタルするが許可はドローンのオペレーターが申請