がんばれ日本!

4月16日(土)ナイロビ市郊外にあるショッピングモールVILLAGE MARKETの大ホールでケニア日本人会主催による東日本大震災被災者への義援金を募るチャリティーバザールが開かれた。ケニア在住日本人だけではなく世界各国の多くの人々に駆けつけ参加して頂き予想以上の成果に皆様の心を感じることができた。日本人会の幹事の方々が中心となって頑張って下さったがその中でも婦人部の強い結束力が際立っていた。今回の“がんばれ日本”チャリティーバザール実行委員長は日本語よりも英語が母国語に近くフランス語も自由に操るMs.仕事師と呼ばれる女性であり又今年度の婦人部のリーダーはそこにいるだけで周囲が明るくなっていくというM商事ナイロビ駐在事務所所長夫人、会う人全てを魅了してしまう暖かく強い人柄が頼もしかった。

3月11日の地震、津波、火災の災害で多くの方々が命を落とされ又それ以上の行方不明者がいる上に身震いのする原発事故、避難された方々も酷寒の中で食料不足、燃料不足、情報不足とい状況の中で死に物狂いで生きている…。遠く離れて住んでいる我々には何の手助けもできないもどかしさがあった。その中で婦人部会長の発案でこのようなチャリティーバザールを開くことができ参加者の一人として又日本人の一人として感謝の気持ちで一杯になった。

実は僕の実家は宮城県大崎市岩出山町にあり、山形との県境の近くなので津波の直接の被害は受けなかった。しかし姪が気仙沼に住んでおりあの時には目の前50mまで津波が押し寄せて来たという。毎日子供を自転車に乗せ歌を歌いながら家々の間を通って海岸まで遊びに行っていたのが3月11日を境に見慣れた家々が全て津波に浚われ何もない空間になってしまった。すれ違うたびに挨拶していた近所の人々はどこへ行ってしまったのかもう会うことはできないのだろうか…。

姪の住居に直接の被害はなかったがそれ以来電気、水道、ガス、はなし。当然ながら食料もなし。暗く

凍える中で子供と寄り添いご主人からの連絡があることを祈って非常食で食いつないでいたという。

数日後ご主人に会うことができ又つい最近になって電気、水道、ガスが復旧しやっと普通らしい暮らしが出来るようになった。しかしドアーを開ける度に1ヶ月前とは全く違う現実とは思えない風景に身体に震えが走るという。そして尚続く強い余震と揺れに恐くて心も身体も怯える毎日だという。

しかしその姪に対し歯を食いしばって生きろと他人事のようなことしか言えない自分が情けない。

せめて今回のこの義援金が少しでも被害に遭われた方々のお役に立てればと祈るばかりである。