タラ・レバ

今年ももう後半の7月に入ってしまった。陰暦では文月という。“陰暦”とか“文月”とか又々そういった言葉の言い方・読み方を調べたくなる虫がムズムズしてきたが、面倒臭くっても中途半端がキライな性格なので一度辞書を開き始めると仕事も手につかなくなるのでその内時間がタップリある時に調べようと後回しにする。ただ文月と聞くとどういう訳か紫式部や清少納言の名前が思い出され、優雅で艶っぽい雰囲気に恋焦がれる気持ちになる。そこで久しぶりに独り言を書くことにした。

色々と仕事の関係や個人的な故障があって4月以来中休みをしてしまったが友人・知人や思いがけない人から「最近独り言を書いてないようだけど…?」と心配してくれるメッセージが届き、

ビックリするやら嬉しいやら恥かしいやら複雑な気持ちになり「エッ、怠けてらんないナ~」と

自分に鞭打つことにした(中途半端もいいとこだ)。

 

ゴルフをしない方には大変恐縮だが、プレーする人なら誰でも知っているタラ・レバという言葉がある。「あの時これをこうしていタラ…」「これをこうやっていレバ…」という、打ったボールがチョロしたり藪に飛びこんだりした時の自分に対する叱咤、憐憫、後悔の込もった反省の呟きだ。ひどい時には自己嫌悪に陥り「全く俺はダメな奴だ!」と自虐的になったりする。

好きになってしまった女性に思いきって愛を告白し、相手に迷惑そうな目付きをされて「困ります!」といわれ、これ以上しつっこくしたら迷惑を掛けてしまうナ、益々嫌われてしまうナ、ヤッパリ俺はダメなんだ…というのとはチョット違って己の未熟さが情けなく、怒りのやり場を求めてクラブやキャディーにヤツ当りしたりする。

ボールを打つ前の頭の中は腕をこうして、手首をこうやり、肘はこうやって、肩をこうすれば、トップはこうなって、膝はこうなり、目はこのままで、フォロースルーがこうなる…などなど色々なことを順序建てて考え、その通りにやろうという気持はあるが、せいぜい2秒間のスイングの中で全ての動作を順序立ててできる訳はなく、イザクラブを振り上げた途端そんなことは全部どっかへ行ってしまい人より遠くへ飛ばしたい欲ばかりで手でこねてしまい、ボールの行方が心配でボールを打つより先に目が上がりヘッドアップの常習犯となってしまう。

「なんで俺はこうなんだ、どうしてこういう簡単なことができないんだ!」と自分を卑下することの繰り返しである。そんな時はもうゴルフなんかしたくない!辞めた!」と何度思ったことか…

それがワンラウンド中に一回でもイイ当りをするとその快感が堪らなく、それがもし2回、3回とあるともう辞めようと思ったことなんかケロッと忘れてしまう。

 

アフリカではゴルフでなくても普段の生活の中で何故?どうして?という疑問の呟きが日に数回は出て来る。「何故こんなことができないんだ…?」「どうしてこんなことをするんだ…?」という不可解な思いである。しかし考えてみれば日本は紀元前3世紀頃から米を作り始め、人々は集落を作って共同生活をするようになり、特に弥生時代の後期に卑弥呼が出て来てからは他人に迷惑を掛けてはいけない風潮が浸透して行った。そして墳丘墓が作られ又外敵から見を守る為に2重、3重の柵を建てたり10m以上の高さの物見やぐらを作ったりした。これなどはしっかりした計測をしなければ作れなかったものである。このような人との触れ合いや物事を“キチン”とするとか“けじめ”とかいう生業(なりわい)が日本人の血の中に流れてきていると思う。

現代になって幼稚園の時から絵を描くことや字の読み書きを習い、家の周りを見ても道はキレイに舗装され、その道に沿って家々もキチンと建てられ、洗濯機、テレビ、冷蔵庫、車は当たり前になっている。

紀元前3000年頃にエジプトでピラミッドが建てられたがケニアではつい最近まで生活の営みを雨、風、太陽など自然の恵みに頼り、時折狩りをし、何の心配もなく暮していたのである。

それがペルシャ、ポルトガルなどの後に英国を始めとするヨーロッパ諸国が侵入し彼らの言う文明の利器を押しつけ始めた。それが結果的に良かったのかどうかそれぞれの判断にお任せするが1963年に英国から独立後も生活の主流が農産業ということは変わらず、都会以外では牛1頭と数羽の鶏を飼い、わずかなトウモロコシを畑に植えてという貧農が多いことに変りはない。家畜の世話、畑の耕作、子供のお守など働く姿は女性が多く、道端で寝転んでいるのが男だった。

僕がナイロビに来たのは1976年だがナイロビ市内でも裸足で歩く人が多く、ナイロビ市内のメインストリートに信号機がやっと1台あるだけだった。それも常に黄色の点滅だけだった。

このように生きて、育ってきた歴史が全く違うのだから自分が暮してきた環境での常識で話しをしても通じる訳はなくよく日本からのビジネスマンがつい「なんでこいつらはこんなにバカなんだ!」と呟くのを聞いたことがある。しかしそうではなく大事なのは自分の固い脳味噌を柔らかくし相手の歴史から半強制された状況を把握し相手が理解できる話し方をすることである。それをしなければ研究不足・勉強不足・努力不足・認識不足ということになりアフリカでは生き残れない。相手を責める前にまず自分の怠惰を恥ずべきである。自分が生まれ育った国とは全く違う環境の中で生活しなければならないならその国のことを知らなければならないのは当然のことである。

 

話しは冒頭に戻って、私は毎日朝07:00にはオフィスに出てセキュリティーを解除し、メイン

コンピューターのスイッチを入れ、コーヒーを入れ、メールのチェックをする。

7,8月のナイロビは1年で最も寒い季節にはいっており指先に息を吹きかけながらキーボードに向かうことになる。今日は7月7日、夜空一杯の宇宙の七夕を楽しもう・・・