Top
zebrasandnairobi.jpg

ナイロビ国立公園

ナイロビ市内から車で約20分、園内1週約2~3時間、象以外の動物が見られる。ナイロビの市街をバックにシマウマなどが草を食む。

動物孤児院

ナイロビ国立公園メインゲート左。孤児になった動物などを保護している。

サファリウオーク  

ナイロビ国立公園メインゲート右。高い位置に設えた遊歩道から動物が見られる。。

小象センター

孤児になった象をケアーしており訪問時間は11:00~12:00の間。

キリンセンター

キリンに手から餌を与えることができる、GIRAFFE MANORと同じ敷地内。

ワニ園

少数のワニとオーストリッチを飼育している。

UTAMADUNI

一軒屋を改造したお土産物屋。白人経営でここでは民芸品なら何でもそろっている。

BOMAS OF KENYA

各部族の踊りがあり部族ごとの見本の家も建っている。14:00~17:00。

KAREN BLIXEN MUSEUM

映画“愛と哀しみの果て”の主人公カレンが住んでいた家。ンゴングヒルが目の前に見える

国立博物館

動物や鳥の剥製、古代人の生活様式などが展示され各種類を集めたヘビ園もある。

OSTRICH FARM (キテンゲラ)

オーストリッチを飼育しており、背中に乗って走ることもできる。

NGONG HILLS

農耕民族の住む肥沃な土地とマサイが住む乾燥地帯が同時にみられる標高2400mの丘。

PARADISE LOST

キアンブ方面へ市内から約30分、ケニア独立戦争時マウマウ団が隠れた深い洞窟と不思議な雰囲気の滝と湖がある。

ゴルフ

ナイロビ近辺には車で30分以内に8箇所のコースがある。

テニス

ナイロビ市郊外にあり毎週土日になると日本人が集まる。

ナイバシャ湖

ナイロビから1.5時間、豊富な種類の鳥が生息し、湖の中心に三日月島という野生の草食動物が生息する島がありウオーキングサファリが可能。

ショッピングモール

ナイロビ市周辺の住宅地にモダンなデザインのモールが多数あり、あらゆる生活用品が揃っている。各国のレストランやファーストフード店に人々が多く集まる。