撮影


A)撮影許可申請に必要な書類

  • ①日程表(フライト、宿泊ホテル、撮影予定地など))
  • ②スタッフリスト(名前、職業、住所、電話)
  • ③パスポートコピー(6ヶ月以上の残存期間が必要)
  • ④企画書(目的、内容、放映予定日)
  • ⑤情報省への撮影許可申請の手紙
  • ⑥機材リスト(メーカー、シリアルナンバー、価格入り)
  • ⑦スタッフのパスポートサイズカラー写真それぞれ1枚づつ 以上①~⑦をメール(データ)で送って頂く

B)手順

  • ①情報省に上記申請書類①~⑦を提出(発行まで1~2日)
  • ②同時にイミグレーションにもスペシャルパス(短期の労働許可証)を申請 発行まで2~3週間を要するが申請受領証があれば撮影開始可能
  • ③情報省発行の撮影許可及びスペシャルパス申請の手紙をメールで日本へ送る
  • ④日本ではこのB-③をケニヤ国査証申請時に送付(2日必要)
  • ⑤オリジナルの撮影許可及びスペシャルパスはナイロビで渡す
  • ⑥機材通関の手続きはナイロビ到着1~2週間前に開始
  • ⑦ナイロビ空港到着時は機材通関業者が機材通関の諸手続きを行う。

  • ★上記A)B)共ケニヤ政府の認可を受けたローカルプロダクション(エージェント)を通して申請。
  • ★撮影許可発行後の日程変更(申請日程内なら問題なし)及び機材通関手続き開始後のフライト 変更は初めからのやり直しとなりエキストラ費用が発生。
  • ★  国立公園内での撮影許可はナイロビの国立公園管理本部で、国立保護区内での撮影許可は 管轄省又は保護区のゲームワーデンに申請。国立公園、国立保護区内では撮影開始前に必 ず公園管理オフィスで撮影許可を提示しゲームワーデンから許可を得なければならない。
  • ★アンボセリ国立公園では許可費用、入園料の10%をコンサベーションフィーとして払う 

費用概算に付いてはお問い合わせ下さい。

  • ①情報省許可及び申請書類作成など・・・
  • ②機材の税金(総額の2.5%)・・・・・・・・
  • ③機材の保険(総額の4%)・・・・・・・・・・・
  • ④機材通関費用(書類作成など含む)・・
  • ⑤ローカルプロダクション・・・・・・・・・・・・・
  • ⑥スペシャルパス・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  • *国立公園、国立保護区、その他のロケ地やロケの対象となる人、物、建物などを撮影する場合に も経費が発生。詳しくはお問い合わせ下さい。



 

ADDRESS | 住所

  • 住所: 1F Unga House, Westlands
    Nairobi, Kenya
  • メール: info@dodoworld.com
  • ウェブサイト: www.dodoworld.com
  • : +254 721 381 298
    : +254 20 445 0015

DODO のお支払いページ