エンドウの独り言 ふれあい祭り

by Endo San | Category Bootstrap | 2016-03-31 20:38:19

3 Comments

世界各国どこの国へ行ってもそこに住む大概の外国人は同国人だけの集まりを持っている。 例えば日本人会・イタリア人会というように同朋が集まって、生活する上においての情報交換や お互いの交流又は緊急時の連絡・伝達など又その方法の確認などを目的としている。ナイロビも例外ではなくケニア日本人会という会がある。アメリカやイギリス、中国などのように日本人在留者何万人というのには及ばないが1990年代にはケニア在住の邦人数は配偶者や子供を入れて約800人位だった。この数は日本人会に加入している会員数であって日本人会に入っていない人達も多くおり、3~6ヶ月の短期間の出張者などを入れると軽く1000人は越していたと思う。ところが2000年代に入ってからは日本での不景気又現地におけるビジネスの不況も影響し今迄4~6人の出張者で張りきっていた企業が何と1人だけのオフィスになってしまった。 しかしそこは底力のある日本人、例えば総合商社などは数年前から経費の掛かり過ぎる日本からの出張者に代わり現地採用の日本人を重視し始めてきていた。現地の事情を熟知した日本人を雇えば言葉、慣習、生活様式など何事によらず都合が良く、お互いにとって非常にいいことずくめの解決策なのである。このように駐在又は出張ということばかりではなく思いきって狭い日本から飛び出してドンドン海外に出てくれば日本にいるよりいいことが沢山ある。 ケニア日本人会では1年の内に日本人会総会、忘年会、運動会、ふれあい祭りという4つの大きなイベントがある。日本人会に加入しない人はそれぞれの思惑があると思うが『ふれあい祭り』 がある時には日本人会に入っている、いないに係わらず殆どの日本人が楽しむ為に集まってくる。 『ふれあい祭り』というのは元々“日本人会バザー”と呼ばれていたが1994年にその当時の日商岩井所長が日本人会会長、私が副会長の役を受けた時それまでの“バザー”という呼び方では売る人、買う人に分かれてしまって、食べ物や飲み物があったとしても催し物の内容が狭められるので、ケニアに住む日本人同士、普段はお付き合いのない人、顔を合わせても知らない人であっても年に一度お互い一緒にふれ合って楽しむ場にしましょうという意図から名称を『ふれあい祭り』に変更した。神輿担ぎ、化粧大会、盆踊り、綱引き、ビンゴゲームそしておでん、焼き鳥、お好み焼き、焼き蕎麦などの屋台もでるようにし朝から夕方まで大人も子供も一緒に踊って騒いで楽しい時間を過ごしていた。 今年2008年は9月27日(土曜日)日本人学校校庭において開催された。 今年のふれあい祭りの担当でもあるJICAの高橋所長や日本人会の担当者の方々より数回に亘りふれあい祭りに関するお知らせが日本人会会員にメールで配信され担当者の方々の並々ならぬ努力が伝わり又皆なで盛り上げていこうという気構えが感じられた。特に会場を提供して頂いた日本人学校の田中校長先生始め皆様のご尽力には本当に頭が下がる思いがする。 前日の26日金曜日午後3:30に出店する人達が学校に集まり翌日の最終的な打ち合わせとテントの位置や机の配置などそれぞれ確認を行なったが、いよいよ明日の本番に向けての出店者の真剣な眼差しがズーンと響いてくるようだった… さて当日の出店の内容を見ると、 ゴルフ部 :焼きそば、ビール、パターゴルフ 三菱商事 :ソーセージで作るタコ・イカ、味付けゆで卵、ビール 婦人部会 :スタミナ丼、キャベツ一夜漬け、バザー 日本人学校:大根販売 SCC   :有機野菜、グアバ茶、ビーズ、キコイ、フェルト手工芸品 ドウドウ :韓国風オードブル、生のニンジンジュース、チーズケーキ 日本大使館:射的、アイスクリーム 学校PTA :イカ焼き、生ビール、手作り食品、ゲーム、古本市 JICA   :生ビール、焼き鳥、工芸品販売、指圧コーナー 陣屋   :日本食、巻き寿司、ドラ焼き、大福 などがあり又当日のプログラムとして日本国大使、日本人会長の開会の挨拶の後、子供達の和太鼓演奏、ウルトラクイズ、ノド自慢などそれ以外にも盛り沢山の出し物があり、最後にラッフルの当選発表などがあった。ラッフルはナイロビ市内にある各国レストランの食事券、タイヤ会社からのタイヤの寄贈、サファリ無料券、液晶テレビなどがありトップ賞はカタール航空ナイロビー日本往復航空券であった。  出店者全員それぞれ1ヶ月以上も前から準備し全員素人ながら相当研究をしたようだったし、 それぞれが自分の店のデザインに工夫を凝らし味と飾りつけでお互い競い合った。 全部の店の出し物を紹介するには時間がないので例えば当ドウドウの出し物はというと… うたい文句は『メザセアジアンビューティー』、黒い布を張った看板やテーブルにメニューを書き出し、韓国料理の中で日本人が好むジャプチェ(焼き蕎麦)、キムバップ(太巻き)、生姜焼きに使うのと同じポークを使ったポークベリー、チジミという日本でいうお好み焼き(直径6cm程のニラ、キムチ、ズッキーニの3種類)、赤い辛めのキムチと辛さを押えた白いキムチなど。 それとメインはこれを飲めばアジアンビューティーになる第一歩を踏み出せるという自信を持たせてくれる混じりッケのない、この日の早朝に畑から掘り出したばかりのニンジンジュースをメインに売りだした。そして黄色の下地に当ドウドウのロゴでもある紺色のカバの顔とお尻をあしらったTシャツをユニフォーム代わリにし弊社のアジアンビューティーを目指す若い女性7人がそれこそ黄色い声を張り上げて他店に突出したエネルギーで一番の売上を記録した。 明るい太陽の下、黒い布で縁取った店の中で黄色いユニフォームが動くと実に派手やかな色彩になって楽しくなる、こういったアイディアを出したのは当ドウドウ入社2年の佐久間美津子。 瑞々しいニンジンジュースを自分の家の畑から持って来てくれたのは通称マライカハイランド(天使の森)と呼ばれているナイロビ郊外標高約1900mのリムルに住み、日々地球の自然と語り合うことを楽しみとしている宮城裕美子さん。 来年は又新鮮なニンジンジュースを搾り、日本独特の「たこ焼き」を出店し皆様に精一杯お祭り気分を楽しんでもらおうかと考えている。

 

3 Comments

ADDRESS | 住所

  • 住所: 1F Unga House, Westlands
    Nairobi, Kenya
  • メール: info@dodoworld.com
  • ウェブサイト: www.dodoworld.com
  • : +254 721 381 298
    : +254 20 445 0015

DODO のお支払いページ